プロテインバー

PROTEIN BAR

WAHT IS BCAA-BCAAとは-

BCAAとは “Branched Chain Amino Acids” の頭文字で、日本語では“分岐鎖アミノ酸”といいます。
・バリン、ロイシン、イソロイシンの3種類を指す。
・タンパク合成を強める働きを持つ。

アミノ酸とは

アミノ酸とは、たんぱく質を構成する元となるものです。たんぱく質は20種類のアミノ酸が結合されてできています。 その中でも2つのグループに分けられ、片方を必須アミノ酸、もう片方を 非必須アミノ酸といいます。

筋肉の分解を防ぐ

人間は摂取エネルギーが少なくなり生命を維持するためのエネルギーが不足する可能性があるとカラダが判断すると、体脂肪や筋肉を分解してエネルギーを生み出します。 また、運動時も血糖や肝臓のグリコーゲンが先に消費され、それらのエネルギーが不足すると、筋肉を分解しエネルギーを作り出すのです。 体脂肪の分解は喜ばしい事ですが、筋肉の分解は筋肉を細くしてしまい、筋力の低下や基礎代謝量の低下を招きます。 運動前や運動中にBCAAを摂取すると、摂取したBCAAがエネルギーとしてすぐに活用され筋肉の分解を防ぐ効果があることが分かっています。筋肉が分解されないため、筋肉量が低下することなく運動やダイエットを行うことができるのです。

BCAA.png

WAHT IS PROTAIN-プロテインとは-

プロテインとは

私たち人間の体の大部分は、このたんぱく質と水分によってできているといっても過言ではなく、筋肉はもちろん、骨や内臓、血液、髪の毛、皮膚、爪など、体を構成する多くの部位がたんぱく質からできています。 しかし、スポーツや筋トレなど運動習慣のある方は、体を動かさない方よりもたんぱく質の損失量が多くなるため、より多くのたんぱく質が必要となるのです。そこで活躍するのがプロテイン。 そもそもプロテインとは、英語で「たんぱく質」を意味する言葉ですが、現在は「プロテインパウダー」として広く認識されています。 プロテインパウダーは、水や牛乳などで溶いて飲むのが一般的です。人間の体にとって重要な栄養素であるたんぱく質を、効率的に摂取できる物として広く用いられています。

たんぱく質が不足するとどうなる?

たんぱく質が不足すると、人の体はさまざまな部分の機能が低下してしまいます。 例えば、たんぱく質不足による筋肉量の低下は、体のたるみを招きます。 また、スポーツなどで体を頻繁に動かす場合は、たんぱく質が不足しているとケガをしやすくなったり、ケガの回復が遅くなったりするほか、体調不良を引き起こすリスクを高めてしまうのです。

Protain.png